オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

世界中で大人気のオンラインカジノの歴史は、カリブ海に浮かぶイギリス連邦の加盟国でもあるアンティグア・パーブーダという国で誕生しました。

1994年にアンティグア・パーブーダでオンラインカジノの運営ライセンスを発行する法律が可決されたのが、歴史の始まりとされています。

しかし現在でも運営に必須のライセンスが誕生しても、オンラインカジノは当初普及が進みませんでした。

普及が進まなかったのは、インターネット回線が当時は一般的でなかったからです。

またパソコンも高価な機器でしたから、参加できる人は限られており普及は進みませんでした。

ですがアンティグア・パーブーダでライセンスが誕生してから2年後、1996年にオンラインカジノは爆発的に普及が進みます。

1996年に世界で初めてのオンラインカジノが誕生し、また経済大国を中心にインターネット回線も普及していきました。

その結果オンラインカジノも知名度が広がり1998年にはジャックポットのシステムも導入され、さらに人気は広がっていきました。

世界では1990年代に誕生し普及し始めたオンラインカジノですが、日本国内で利用者が増え始めたのは2000年代に入ってからです。

2000年代の前半に日本語に対応した海外のサイトが増え始め、一部のマニアを中心に利用されるようになりました。

ですが当時の日本語対応はクオリティが低く、魅力が日本人に伝わりきらずまだ一部の人が遊ぶだけでした。

しかし2000年代の後半になると翻訳のクオリティも向上して、英語が苦手でも不自由なく楽しめるようになっていきます。

その後は日本語のサポートも行うオンラインカジノが登場し、日本人の信頼を勝ち取り利用者は爆発的に広まっていきました。

世界での歴史は20年少しとまだまだ浅く、日本に限れば本格的に普及してから10年ほどしか経っていません。

しかし世界中で多くの人気を獲得しており、今後はランドカジノに迫る勢いと言われているほど今注目されています。

Top